トップ > 適応障害って?

適応障害って?


社会環境に適応せず、体や精神面で色々な症状が出てしまい、社会生活を過ごすことができない精神疾患の一つを適応障害といいます。
では社会環境とはどのようなものでしょうか?

例えば生活をしている家庭であったり、通っている学校や職場などなのですが、どうしてもそこでの生活に適応できない状態になります。
家庭でも学校でも会社でも大なり小なりストレスを感じてしまうものですし、どうにか適応するために努力をしていると思います。
ストレスに慣れていくまでは身体的反応や行動反応、心理的反応などがストレスによって発生していくのですが、じきに適応していきます。
ですが、社会環境に適応できずにストレスを感じてしまうことによって、色々な反応が精神面でも肉体面でも発生してしまい、

肉体と心のバランスが保たれなくなってしまうと適応障害といわれる障害に悩まされることがあります。
ではどのような時にバランスが保たれなくなってしまうのでしょうか?

人によって異なりますが、長期間に渡ってストレスを溜め込んでいたり、自分が対処しきれないストレスを感じてしまったりすることによって肉体と精神のバランスが崩れてしまうことが多いようです。
自分が対処しきれないストレスの種類や量によって身体的、もしくは精神的に機能が正常に働かなくなったら適応障害になっているといえるのではないでしょうか。
自分の力だけで治療をしようと思っても、同じようなストレスを感じてしまったら再び適応障害になってしまう可能性が非常に高いですので、治療をしながらストレスの原因になっている社会環境にどのように馴染むようにするかが重要となります。

ページのトップへ▲

適応障害
適応障害によって起きる症状とは?
適応障害って?