トップ > 適応障害によって起きる症状とは?

適応障害によって起きる症状とは?


適応障害になってしまうと、身体に症状が現れるケースが多いのですが、身体では倦怠感や疲労感、食欲不振、不眠、吐き気、頭痛、胃炎などの症状が挙げられます。
病院で身体的な症状を訴えて診察をしてもらっても、特に異常がないため、原因不明となってしまいます。

これによって適切な処置がされずに適応障害の症状が進行してしまい、心療内科や精神科で診察をしてもらって初めて適応障害になっていると知るケースは少なくありません。
ですが精神疾患である適応障害などは病院でも素人の我々でも知られるようになってきたため、身体的症状はあるのに原因が分からないというケースになったら、ストレスが原因とされている適応生涯などの精神疾患の可能性があると考えるようになっています。
例として挙げると、神経過敏になってしまったり、何もないのに常に不安になっていたり、焦燥感を感じていたり、将来に希望を見出せなくなってしまったり、情緒不安定になるなどの症状になるなどの症状が挙げられます。
適応障害になると情緒不安定や身体的症状が現れるだけではありません。
問題行動をするようになるなどの症状が現れることもあるのです。

例えば普通に遅刻をしたり、無断欠勤をしてしまったり、規則を守らなくなってしまうなどの問題行動や言い訳等をすることがあります。
これ以外にもお酒を暴飲してしまったり、ギャンブルを始めたり、生活が不規則になってしまうなどの症状も珍しくありません。
適応障害になっていると周囲の人が気付かない場合、非常識と感じたり、自己中心的な人間と思われてしまいます。
これによって対人関係がさらに悪化してしまい、万引きなどといった犯罪行為をしてしまうケースもあるようです。

ページのトップへ▲

適応障害
仕事によるストレスが原因で適応障害に
適応障害によって起きる症状とは?
適応障害って?