トップ > 仕事によるストレスが原因で適応障害に

仕事によるストレスが原因で適応障害に


社会的ストレスを溜めてしまうことによって身体と精神面でのバランスが崩れてしまうことが原因の精神疾患のことを適応障害と言います。
社会環境への適応力は個人によって異なりますので、同じ質・量のストレスを感じたとしても普通に生活をすることが出来る人もいますし、反対に適応することが出来ずに適応障害になってしまう人もいます。
様々なことがストレスとなってしまうのですが、特に仕事によるストレスが原因で適応障害になってしまうケースは珍しくありません。
仕事量が多すぎてストレスを感じてしまったり、思うように仕事をすることが出来ないなどのストレスを感じる人もいますし、同僚や上司との相性が悪かったり、コミュニケーションを取ることができないなどの退院関係で悩んでいる人もいます。

これ以外にも老後に不安を感じていたり、不景気によっていつリストラされてしまうか不安に思っている人、新しい職場に入ったけど馴染むことができないという人もいます。
将来に不安を感じたり、仕事に不満を感じていたり、対人関係に悩んでしまうことによってストレスを溜めてしまいます。
厚生労働省が平成14年に労働者健康状況調査を実施したのですが、仕事面でストレスを感じている人はとても多かったそうです。

一般的に考えれば、職場で昇進や昇給するということは嬉しいものなのですが、昇進したことによって適応障害になってしまうという人もいます。
昇進や昇給をすることによって、責任も重くなってしまいますし、仕事環境が変わってしまうということもあります。
これらのことが原因となって適応障害になってしまうことがあるようです。

ページのトップへ▲

適応障害
学校でのストレスが原因で適応障害に
仕事によるストレスが原因で適応障害に
適応障害によって起きる症状とは?
適応障害って?