トップ > 学校でのストレスが原因で適応障害に

学校でのストレスが原因で適応障害に


自分はどのような事が原因で現在のような状態になっているのか把握していることが特徴となっている精神疾患のことを適応障害といいます。
職場などでストレスを感じてしまって適応能力になった人の中には、上司からの嫌がらせで適応障害になってしまった人や同僚とコミュニケーションが取れなくて適応障害になってしまったという人もいると思います。
また専業主婦をしている人の中には、旦那の家族と相性が悪くて適応障害になってしまったという人もいると思います。
このように自分で何が原因で適応障害になっているのかある程度は分かるものなのです。
これは学校に通っている子供も一緒です。

学校でのストレスが原因で現在の状態になってしまっていることが恐らく分かっていると思います。
ですが、子供は現在の自分の状態を相手に伝えることが難しいかもしれません。
学校に通っている子供の年齢は関係なく、適応障害になった場合は、子供が楽しく過ごせるような家庭環境にしてあげるようにしてあげるようにしましょう。
子供が感じているストレスを家族に相談できるようになれば、子供が現在溜めているストレスを少しでも軽減してあげることも可能となります。

学校で友達がいなくてストレスを感じていたり、進学や成績のことでストレスを感じているということもあると思います。
不登校というのは、経済的な理由や病気が原因で1年の間に30日以上学校に行っていないことを意味しているのですが、現在、中学生の場合は36人に1人の割合で不登校になっているそうです。
不登校の状態になっていなくても、早退をしていたり遅刻をしている場合も適応障害になっている可能性があります。
適応障害になっている原因が分かっているケースが多いですので、その原因を改善・解消することによって適応障害を治療することが出来ます。

ページのトップへ▲

適応障害
家庭でのストレスが原因で適応障害に
学校でのストレスが原因で適応障害に
仕事によるストレスが原因で適応障害に
適応障害によって起きる症状とは?
適応障害って?