トップ > 適応障害と五月病は同じ

適応障害と五月病は同じ


4月に新入社員として新しく入社したり、大学生として入学した人達が5月頃になると精神的もしくは肉体的に不調になってしまう状態のことを五月病といいます。
ですが五月病というのは正しい病名ではなく、一般的な呼び名となっています。
適応障害が五月病の正しい病名となっています。
五月になったら適応障害になるというわけではありません。

入社したり、入学して新しい環境になり、ストレスや精神と肉体のバランスが崩れてしまって適応障害になってしまうのです。
ストレスを感じ始めて3ヶ月以内に適応障害になってしまう可能性が高いですので、新入生の場合、5月頃に適応障害になってしまうことが多いのです。
そして新入社員は5月ではなく6月頃になって適応障害になりやすいとされています。
何故6月頃なのかといいますと、大体6月に本格的に仕事に取り掛かるタイミングとなっているため、一気にストレスを蓄積してしまう可能性があるからなのです。
5月から6月になると適応障害の症状に悩む人がいることから、五月病と呼ばれるようになったのです。
五月病になると動悸や不眠、頭痛、目眩、食欲不振、食欲の低下、疲労感、朝が弱くなるなどの身体的な症状があります。

次に、精神的な症状では不安感や焦燥感、イライラ、倦怠感などの症状が挙げられます。
もしも五月病の症状が1ヶ月以上治まらないのであれば、心療内科や精神科で診察をしてもらうようにしましょう。
放置してしまうと、症状が悪化してしまうこともあります。

ページのトップへ▲

適応障害
適応障害と似た精神疾患
適応障害と五月病は同じ
適応障害になってしまいがちな性格
家庭でのストレスが原因で適応障害に
学校でのストレスが原因で適応障害に
仕事によるストレスが原因で適応障害に
適応障害によって起きる症状とは?
適応障害って?