トップ > 適応障害と似た精神疾患

適応障害と似た精神疾患


適応障害と原因が似た精神疾患でうつ病があるのですが、ストレスが原因の精神疾患はこれ以外にもあります。
ストレスによって精神疾患になってしまう病気で他にも、PTSDといわれる外傷後ストレス障害や、急性ストレス障害なども適応障害と似ているのですが、違う点もあります。
ストレスが原因で適応障害になってしまうのですが、ストレスの種類や個人の適応力や捉え方によっては全てのことがストレスに繋がってしまいます。

ですが社会的ストレスが一気に与えられることによって外傷後ストレス障害や急性ストレス障害などになってしまいます。
突然の社会的ストレスとして、監禁や強姦、暴行などの事件や親の突然の死などといった予想できないストレスが挙げられます。
外傷後ストレス障害はPTSDという別名の方が知名度が高いかもしれません。

突然のストレスを与えられて4週間以内に急性ストレス障害になっており、3ヶ月以内に症状が現れる適応障害よりも症状が現れるスピードが速くなっています。
なお外傷後ストレス障害の場合は発症するのは4週間から3ヶ月以内といわれています。
適応障害の症状は不安感や焦燥感、イライラ、うつ症状などが挙げられますが、外傷後ストレス障害や急性ストレス障害の場合、現実感消失や感情の麻痺などといった解離性症状や、何かがきっかけとなり、突然原因になった出来事を思い出したり、その時の感情などが甦るというフラッシュバック症状などがあります。
適応障害とPTSDや急性ストレス障害の原因は似ていますが、症状は異なっている点もあり、PTSDや急性ストレス障害は不安障害に分類されています。

ページのトップへ▲

適応障害
適応障害が再発するケース
適応障害と似た精神疾患
適応障害と五月病は同じ
適応障害になってしまいがちな性格
家庭でのストレスが原因で適応障害に
学校でのストレスが原因で適応障害に
仕事によるストレスが原因で適応障害に
適応障害によって起きる症状とは?
適応障害って?