トップ > 適応障害はどうやって治療するの?

適応障害はどうやって治療するの?


適応障害を治療する際には、ストレスに対する耐性を向上させる、ストレスの原因となっているものを和らげるの2つがあります。
ですが適応障害はストレスだけが原因となっているわけではありません。
ストレスを完全に取り除くことが出来ても、本人のストレスに対する体性を高めるようにしなくては、他にストレスを感じることがあったら再び適応障害が再発してしまいます。
ですので、ストレスの原因を取り除きながら、ストレス耐性を向上させる治療を同時進行でしなくてはなりません。

ではストレスの原因はどのように取り除けば良いのでしょうか?
ストレスは職場や家庭、学校などの社会的ストレスとなっているのですが、現在生活している環境に適応できるように工夫をしてみたり、そのストレスを感じている対人関係や仕組みなどに関わらないようにするなどの方法を取り入れてみると良いでしょう。
心療内科や精神科で適応障害と診断されたのであれば、まずは休養期間を設けて精神的にも肉体的にも静養するようにしましょう。
しっかりと静養することによって治療でどれくらいの効果を得ることが出来るか変わってきます。

ではどのように静養をするようにすればいいのでしょうか?
自分がストレスを感じても適応障害が再発しないように、ストレス体性を高めましょう。
自分ではどのようにストレス体性を高めれば良いのか分からないと思いますので、医師に自分自身がカウンセリングを受けたり、一緒に生活をしている家族にカウンセリングを受けてもらって適応障害についての知識を学んでもらうなどの方法があります。
対人関係によるストレスによって適応障害になってしまう人も多いため、コミュニケーションについてのアドバイスをしてもらうようにする必要もあるかも知れません。
これ以外にも投薬治療で適応障害を治療する方法もあります。

ページのトップへ▲

適応障害
適応障害の投薬治療で使われる薬とは?
適応障害はどうやって治療するの?
適応障害を完治させるには
適応障害が再発するケース
適応障害と似た精神疾患
適応障害と五月病は同じ
適応障害になってしまいがちな性格
家庭でのストレスが原因で適応障害に
学校でのストレスが原因で適応障害に
仕事によるストレスが原因で適応障害に
適応障害によって起きる症状とは?
適応障害って?