トップ > 適応障害の投薬治療で使われる薬とは?

適応障害の投薬治療で使われる薬とは?


適応障害でよくある質問で、適応障害に効果のある薬ってなに?と聞かれることがあります。
ですが、適応障害に特別効果のある薬はありません。
ですので投薬治療をせずに別の治療法をすることもあります。
適応障害になってしまうことによって、精神的症状や身体的症状に悩まされてしまいますよね。
適応障害の症状に効果のある薬を投薬するというケースはあります。

例として挙げると、適応障害になったことによって、うつ状態の症状になっているのであれば、抗うつ剤を処方して服用させるというケースもあります。
ただし、適応障害によるうつ状態なのかうつ病が原因によるうつ状態なのかを判断することは現在難しいとされています。
これ以外にも、不安感に悩まされているのであれば、抗不安剤が処方されるということもあります。
どちらにしても、適応障害の治療をするのであれば、自分だけではなく自分の家族や医師などにもサポートしてもらいながら治療をするようにしましょう。

ただし、投薬治療をする場合、症状がなくなったから薬を飲む必要はないと自分で判断しないようにしてください。
絶対に医師に相談をして、指示に従うようにしてくださいね。
自分の勝手な判断で薬を途中で利用しなくなってしまって症状が悪化してしまったというケースは少なくないのです。
投薬治療をするのであれば、きちんと医師の指示に従い、投薬治療をしながら他の治療も平行して行うようにしてくださいね。

ページのトップへ▲

適応障害
適応障害にかかっている人と接する場合
適応障害の投薬治療で使われる薬とは?
適応障害はどうやって治療するの?
適応障害を完治させるには
適応障害が再発するケース
適応障害と似た精神疾患
適応障害と五月病は同じ
適応障害になってしまいがちな性格
家庭でのストレスが原因で適応障害に
学校でのストレスが原因で適応障害に
仕事によるストレスが原因で適応障害に
適応障害によって起きる症状とは?
適応障害って?